フロールデコパン トロ

語るに及ばず
[PR]
# by dondiego4 | 2017-12-10 18:24 | Comments(0)

ラットレーが誇るヴァージニアシリーズ。

商品説明には、

異なったバージニアのミックスチャー。W・スコットの小説「パースの美しい少女」の中で、「最も非凡な力を持った男」と表現された鍛冶屋のイメージから付けられた名称。充分な熟成感がある。強いコクを持ったフルボディーなたばこ。

とのことである。なるほど、味の事なんて全くよくわからない説明に感謝だ。

4500円近くする品なので、味もわからず買うには結構高い買い物な気もする。

ま、ラットレーが好きな自分にはさほどのことでもないが。

味の感想はというと。うーん。

「ヴァージニア系ラットレーの良い特徴を抜き取った味」だ。

甘い煙、独特な酸味、ヴァージニアの爽快感、タバコらしい旨さ。

ボディや風味を構成する別の味を完全に排除したその味は確かにラットレーだ。

だが、どこか物足りなさがあるのも事実。非常に吸いやすく終わりもあっさりしている。

マーリンフレークやオールドゴーリーに重さや慣れを感じたとき、これを吸うのだろう。というか吸っていた。なるほどね。ラットレーがこの作品を残したのも頷ける。

風のようにラットレーの特徴が吹き抜ける。
面白い銘柄だ。コレクターアイテムに近い部分もあるが。

[PR]
# by dondiego4 | 2017-12-09 00:19 | パイプタバコ | Comments(0)

ラットレーの傑作「マーリンフレーク」。

ラットレーの代表銘柄にしてヴァージニアの傑作だ。

吸ってみると、ふむ。ヴァージニアの要素そのものがある。

しかし、オールドゴーリーに比べると垢抜けていて洗練されている。

ラットレーに言われる特有の澄んだ甘い煙の味わいにヴァージニアの軽快さが加わる。

ヴァージニア特有の旨い芳香と軽やかな甘さが口から噴出される。さらに、だ。

情熱的な酸味はオールドゴーリーと同様に、他のヴァージニア銘柄の追随を許さない出来栄え。

それらが混じりあって、実に深みのある、しかしミディアムボディな、芸術の域にある煙が出てくる。

恐るべきは、ヴァージニアの欠点ともいえるエグみや青さ、吸いづらさなどはない。

強くブローした煙でさえ丁度良い風味に吸いこめる。非の打ちどころがない。

完璧、と一見すれば言えるだろう。

しかし。オールドゴーリーに劣る。

皮肉にも完璧とも言える出来栄えの良さは、飲み物を欲するほどだ。単純に吸っているだけだと味わいに口が慣れてヴァージニアの味がない。惜しい。

更にシチュエーションにもうるさい銘柄だ。この銘柄の味を引き出すには時間と集中が大事だ。キャンプで火を見つめたり、暖炉の前の安楽椅子で一日を終えるような。

そんな、余裕こそ全てともいえる時間が求められる。なかなか現代人には無いものだ。

まとめてしまえば、「出来栄えはこれ以上になく最高だが、場面をえり好みする銘柄」といったところで、味わいを引き出すという点で上級者向けの銘柄だろう。

牧歌的な美しさがあると表現したオールドゴーリーに対して、マーリンフレークは垢抜けていて洗練された民芸品だ。都会的な女性、だろうか。

両方ともに美しく、恐ろしい魅力を持っている。素晴らしい。

[PR]
# by dondiego4 | 2017-10-27 01:59 | パイプタバコ | Comments(0)

人生を巡るようなパイプタバコ。

ダンヒルの芸術性とは違った牧歌的な美しさが確かにある。

最後まで味が崩れず美しく消えるのは名品の証。

味わいは調べずに吸ってみて欲しい。

ヴァージニアらしさは・・・あまり無い(笑)

だがお薦め!


[PR]
# by dondiego4 | 2017-10-19 01:35 | パイプタバコ | Comments(0)

失敗

本日も一日の終わりにと葉巻を吸おう。

カマーチョが吸いたいと考え、3週間ほど加湿したカマーチョの黄色を手にとる。

少し早いが、カマーチョらしさを楽しみたいと考えて着火。

ここ2回ほど喫煙が途中で止めるような銘柄に当たってしまっていたせいだろう。

どこかに葉巻の優雅さを得たい欲求が高まっていたのかもしれない。

運悪く、カマーチョの黄色はやはりマデューロの域を出ず、外ではイマイチ。

加湿も甘く途中で止めた。

取り返せると、ドン・ドゥアルテを吸うが味がわからず。

泣く泣くすぐに吸うのをやめるのだった。

大失敗。3連続で喫煙をやめることとなるのだった。

ふぅ。せっかくのシガーも、シガーライフもボロボロになってしまった。

残念極まりない。

余裕。シガーにはこれが大事らしい。



[PR]
# by dondiego4 | 2017-10-17 01:00 | 雑記 | Comments(0)