人気ブログランキング |

カミュ XO エレガンス

久々にピーンと来たウイスキーレビューの番外編。

もうウイスキーじゃない(笑)

カミュ XO エレガンス。コニャックである。

ブランド価格と知名度が災いしてか、自分も人もあまり買いたいようで買わない一品なのだと思う。

有名な割にレビューが少ない逸品である。

まぁ、基本的に洋酒のブランドというのは、過剰すぎるブランドイメージに対して品質は本当にそこそこ程度のものが多い。

当たり障りのない、ほんとうにフーーーンといったものが多い。ウイスキーになると大体が値段以下なのが最近の悲しい現実である。

しかし、質の良いコニャックを飲みたいと思い、意を決して買って飲んだらこれまた意外。美味い!!!


味わい ボディはミディアム。口当たりは素晴らしいウォッカのごとく、まさに滑らか いかにもコニャックといった品格のあるぶどう 気品を持ったナツメグ バニラやナッツ チョコレート フローラル(バラ) 非常にベストな具合のランシオ香(樽香とも感じ取れる) 一体感も複雑感も非常にバランスがとれている 塩っぽさも少々 軽いスパイシーさ コニャックの中では辛口でフィニッシュは軽くドライ 白桃があるか?


口当たりのなめらかさが素晴らしく、どの点でみてもクオリティが高い。コニャックにあるぶどう感は銘柄によって色々な感じがあるが、カミュまさにいいぶどう、いいナツメグという感じである。強調し過ぎず、変に癖を持っていないのは印象が良い。要素も複雑だが、一体感のある上に味の輪郭もつかみやすく、やはり出来栄えが良い。ランシオ等の熟成感も古さを強調し過ぎず、若さを感じない静かな出来栄えは、かなりよく考えて原酒をブレンドしていることが容易に想像できる。フィニッシュの残り方も完璧で、ほどよく、気品さを優雅に散らしていくような余韻はまさに最高峰だろう。白桃のようなものも見つけられるものだろうか? 

なかなか、こういうクオリティに仕上がっているコニャックというのは、1万円前後ではかなり少ないかもしれない。ブレンダーが非常に丁寧に、今のご時世では驚くほど豊富な原酒を、ジャンルの垣根を越えて銘酒を飲んできた経験に基づきブレンドし、作っていることが、わかる。美味いものとは何で、何が大事のなのか。何を大事にするべきなのか。なかなか、そういった人間の意志というのは、酒を売る商売の中では、1流のレベルで維持することは非常に困難で、まず不可能に近いだろう。一瞬、花火のように明るくなったかと思えば、パッと立ち消えてしまうようなものなのだ。

たまにこういったクオリティのものがあるから、やはり面白い。それが意外にも当たり障りのない味であろうと考えていたものだから、尚更だ。これは家に置いといて損はしないと思う。XOとついたコニャックは大体飲んだが、おおよそコニャックの域での評価に留まるものばかりだったが、これは他の蒸留酒と比べても高品質と言える。よく出来ている。コニャックのエレガンスを体現している。



タグ:
# by dondiego4 | 2020-07-23 23:37 | ご機嫌な時に書かれるウイスキーレビュー | Comments(0)

ラタキアの上質さに胡坐をかかず、

下支えするバージニアの素晴らしい味わいと一体感を増しつつ、

おそらくペリクの酸味とバーレー葉が味わいを複雑にし、

ボディをドライでクールな引き締まったものとしている。

思うに、この銘柄の最大の特徴はラタキアものにありがちな、

引き締まりの無いだらしないラタキアの広がり、ラタキア頼みの単調な構成を解決したことにある。

吸っていて飽きない複雑さ、しかし気難しさはなく、嫌味もない。

ラタキアというカテゴリから「タバコ」というものに昇華した出来栄えは、

間違いなく「ダヴィンチ」の名前にふさわしい。

超お薦め。

# by dondiego4 | 2020-04-26 23:12 | パイプタバコ | Comments(0)

ニッカ テーラード

新年一発目の記事はまさかのウイスキーレビュー。

皆さんご無沙汰しております。ご挨拶もせずに長らく放置しておりましたが、

あいにく世相は凶事ときておりまして、

世辞的なものはかえって不作法といったところでしょう。

意外にもしぶとく生きておりました。皆様いかがご健在でしょうか。

さて、タバコのレビューサイトが一発目にウイスキーレビューときたのは、訳があります。

というのも、記事別アクセスではなんと響のブレンダーズチョイスがトップなのです。

レビューなんぞ見ないで自分で買って飲め!!!! と言いたいところですが、

なかなかどうして、一万円の大金を使うにはドブに捨てる現状難しい現状のジャパニーズウイスキーなわけです。

サントリーはさすがに「サントリーさん」なわけで、なんやかんやで現状、上手くやったと思います。

実際、ブレンダーズチョイスさえあれば、私自身は何も困りません。山崎? 白州? 飲み飽きました。

ある程度シングルモルトを飲みまくってしまうと、ぶっちゃけ飽きて、味わい深くて飲みやすいブレンドへ行くわけです。

そんなジャパニーズウイスキーで、ましてブレンドといえば「ニッカ」です。ブレンデッドウイスキーとは「ニッカ」なわけです。


今回紹介するのは「ザ・ニッカ テーラード」です。

「ザ・ニッカ」シリーズは、前作の12年のときから飲んでいますが、なかなか思い出深いエピソードがあります。

私はしっかり瓶を買ってじっくり飲んで味わいを理解するタイプなわけですが、12年のときは、ニッカのウイスキーで恐らく初めて低評価をしました。

買ってきて、飲んですぐに、いつも作っている人が作ったものではないことを確信しました。いつものブレンダーといえば、チーフブレンダーの佐久間氏でしょうね。

調べてびっくり、なんと新人の子が作ったものじゃありませんか。

悪い味わいではないんですがね。売りにしている宮城峡のシェリー原酒が飲み進めていくうちに喉にひっかかりはじめ、また、ニッカご自慢のカフェグレーンの味わいが非常にうざい味わいへと変化し、味が反響しあい、結局バランスの悪い、飲み心地の非常に悪いウイスキーでした。ブレンデッドとしては致命的です。結局すぐに兄弟に無料であげてしまいました。

ま、終売となった今だからはっきり言いますが、色々研究したり味わいをどうこうする前に、

家を出て、毎日のようにBarへ通い、素晴らしいウイスキーを大枚はたいて200杯ほど飲んでから作るべきです。

厳しく言えば給料全額突っ込んでBarで飲めってことですね。あるいはスコッチをボトルで買って飲み耽るべきです。

飲んですぐに「あ、こいつわかってねーな」と思われたら、ブレンダーとしては0点。

良い物を作りたいなら、良い物を知りなさい ということです。

先輩たちも後輩にただ仕事を与えるのではなく、きちんと飲みにつれて、「本物」を教える教育をすべき、なんでしょうが、心もサイフも貧乏な時代なんでしょうね。

後輩にまともな酒も飲ませていないようじゃ、まともな酒は作れんでしょうなぁ・・・。

偉そうなご託は良いとして。

今回のテーラードはかなりいいですね。

私の大好きだった「ブレンド オブ ニッカ」をベースにした味わいです。

味わい 余市原酒特有の燻製香とりんご(りんごは宮城峡の方かもしれない) ある程度熟成させたであろうカフェグレーンの甘い麦のクリーミーで濃厚な甘さ 宮城峡の甘いミルキーな甘さもある 隠し味的にシェリー樽の余韻もある あるというか宮城峡のシェリーの甘さがはっきりあると思う 一体感があって素晴らしい 氷が解け進んでいくと桃の味わいが見え始め、一方で燻製香もよく出ている 

これぞブレンド、これぞニッカといった水準にまでギリギリ達していると思います。値段以外は。ブレンドオブニッカとの違いは、全体的に古酒の比率を下げたので、ボディがミディアムボディになり、古酒特有の尖った癖のある味わいがなくなり、飲みやすくなりました。味わい深さが消えたと言ってもいいでしょう。一方で、カフェグレーンは良質なものを使ったのでしょうか。このスムースでソフトな良さは、「鶴」を思い出させるものがあります。余市と宮城峡の原酒もまぁまぁ、出来る限り古いものを使っているのでは? りんごの風味はおそらく余市でしょうが、やや古いものでないとこーゆー味はでませんね。宮城峡は若くてもそーゆー味していますが、少し尖ったウッディネスさがあるので、やはり余市ではないかな?? まぁ、でも若い原酒で作られているのは間違いないですね。



とにかくよく出来ているブレンドです。自信をもってここに「ニッカは戻ってきたね」と言える良い物だと思います。



お薦めですよー。4000円前後で買えれば文句なしの一本です。



タグ:
# by dondiego4 | 2020-04-12 23:05 | ご機嫌な時に書かれるウイスキーレビュー | Comments(0)

ダンヒルのダークフレークの後継品。

かなり意外なほどボディはライトで吸いやすさを追求したイギリスのシガーと言った感じ。熟成感はあるようでないようで、ある。

バージニア葉の甘味が蓄積しながら、単調だった薄っぺらいボディが複雑さを開き始めるという面白い商品。

ほとんどダンヒルと同じなら、確かに日本には輸入されなかった地味さと難しさがある。

この商品の価値はバージニアの軽やかに蓄積していく甘さと、やや強く吸って過燃焼気味にするバージニアの香味だろう。

日曜日の暖かい朝にゆっくりと吸いたい優しい味わい。




実はマッコーネルが再販することは知っていたが、

いつ輸入されるかまではわからなかったので何も書かなかったのだ~。

皆さん色々買って楽しく年末へ向かっていきましょう。

# by dondiego4 | 2019-11-09 23:55 | パイプタバコ | Comments(0)

お、これは美味いなぁ。

と、まだ紹介していないキューバシガーの二回目の喫煙のときだった。

楽しみにしていた喫煙は台無し。味わいは加湿しているとは思えないほど辛く、芳香性がまるで違う――。

あの芸術的な味わいはどこへやら。キューバシガーでは名高い「大ハズレ」というやつである。

葉巻の世界では比較的ありがちな話ではあるが。しかし。

なぜ、恐らく同じように生育し、同じように作ったものがこうなるのか。

少し考えてみる。


第一に、ハズレの葉は人間の視覚、聴覚、嗅覚では選別することができないというのが現状ということ。わかりゃ除く。そりゃそうだ。

もっとも、キューバのようなハズレが比較的多い地域もあれば、個人的にほとんどハズレがないブランドもある点、視覚に関しては留意しておく必要がある。

ハズレが少ないブランドは、何らかの簡易な方法で選別している可能性が高いからだ。恐らく、人間では視覚がもっとも可能性が高い。

第二に、おそらくシガーを作成する乾燥等の過程では発生していないこと。

ウイスキーにもありがちな話だが、何らかの理由で保管する場合、保管する場所の位置と温度で味わいが大きく変化することが実は普通にある。しかし、この場合、製造者がそのことに気づく可能性が非常に高く、品質を均一化するため、対策をするだろう。特に商品としての歴史が長い場合は、ほぼ気づくだろう。よって、この可能性はほぼなし。

となると、葉の個体差という可能性が一番高いが、個人的には「虫害にあったタバコ葉」だと思える。

というのも、タバコはナス科の植物だという点を忘れてはいけない。ナス科はユニークな植物がかなり多い。

トマトはその自己防衛機能が研究されていて、その凄まじく激烈な能力は是非、自分で調べていただきたい。ジャガイモも、その毒性は虫害から自らを守るものだったりする。ナスそのものの研究はあまりなされてはいないものの、あく抜きを必要とする性質は、実はまさに防虫によるものだったり。他にも防虫で有名なトウガラシがあったりと。ナス科は基本的に虫に対する防虫機能が高いものが多いと思える。

タバコも例にもれず、防虫、殺虫で大いに力を発揮するニコチンを持っている。それだけではない。簡易的に調べてみたものの、タバコは害虫に襲われたとき、害虫を駆除する益虫を呼び出す成分を放出し、駆除するのである。ちなみにここから憶測だが、放出すると同時に、植物が自己防衛のために放出する、苦味や辛み成分のようなもの(トマトがそういった性質を持っている)を葉に放出しているのではないだろうか。これは植物がおおよそ持っていると思われる性質なので、この可能性は非常に高いと思われる。そしてこの、防虫による物質の変化こそ「ハズレ」の葉なのではないだろうか。

ちなみに余談だが、虫に葉を食わせて、この自己防衛(?)によって葉の風味を大きく変える作用は烏龍茶で使われていたりする。ついでに美味。

つまり、ハズレというのは虫害によって発生した葉なのだ。

いやいや、それこそ気づくのではないだろうか、と思われるだろう。

完全な憶測だが、葉の側面の小さな虫害にあった部分などは、切除して普通に利用してしまうのではないだろうか。イチイチ小さな虫害を気にして捨ててしまうと、おそらく膨大な量を廃棄してしまうことになるだろう。あるいは、日本のフルーツのように大量の農薬を限界まで投薬するか。コスト的に利用するのが一番良いだろう。

この段階、虫害のあった葉の選別で、「ハズレ」の多いブランド、少ないブランドというのがはっきり生み出されるのではないかと思う。厳しく選別すれば、当然、物は発生しない。あるいは、農薬をジャブジャブ使えば、当然虫害は少ないので、品質だけを見れば「ハズレ」の少ない高品質なものが大量生産される。

まぁ、かなりの憶測な理論なもので大変恐縮だが。最後にキューバの大らかさを忘れてはいけない。日本では100%理解されない、水シミやノリの青みなど、実にいい加減さ極まりないおおらかで不愉快極まりないユニークな仕事をする、世界的な葉巻を見てみても、外見をあまり気にしない陽気な珍しい国である。私の経験則上、仕事というものは、外見がいい加減な場合、中身はもっといい加減である。まぁ、つまり、キューバ産の葉巻の「ハズレ」というのは、憶測だが、その可能性がかなり高いんじゃないかなぁ、なんて思うわけだ。一昔前じゃ、キューバの葉巻はタバコ虫が100%存在しているから、絶対に冷凍庫で冷凍処理しろ、といった具合だったわけで。天然物100%なのだ(爆笑




# by dondiego4 | 2019-09-04 02:42 | 雑記 | Comments(3)