人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カミュ XO エレガンス

久々にピーンと来たウイスキーレビューの番外編。

もうウイスキーじゃない(笑)

カミュ XO エレガンス。コニャックである。

ブランド価格と知名度が災いしてか、自分も人もあまり買いたいようで買わない一品なのだと思う。

有名な割にレビューが少ない逸品である。

まぁ、基本的に洋酒のブランドというのは、過剰すぎるブランドイメージに対して品質は本当にそこそこ程度のものが多い。

当たり障りのない、ほんとうにフーーーンといったものが多い。ウイスキーになると大体が値段以下なのが最近の悲しい現実である。

しかし、質の良いコニャックを飲みたいと思い、意を決して買って飲んだらこれまた意外。美味い!!!


味わい ボディはミディアム。口当たりは素晴らしいウォッカのごとく、まさに滑らか いかにもコニャックといった品格のあるぶどう 気品を持ったナツメグ バニラやナッツ チョコレート フローラル(バラ) 非常にベストな具合のランシオ香(樽香とも感じ取れる) 一体感も複雑感も非常にバランスがとれている 塩っぽさも少々 軽いスパイシーさ コニャックの中では辛口でフィニッシュは軽くドライ 白桃があるか?


口当たりのなめらかさが素晴らしく、どの点でみてもクオリティが高い。コニャックにあるぶどう感は銘柄によって色々な感じがあるが、カミュまさにいいぶどう、いいナツメグという感じである。強調し過ぎず、変に癖を持っていないのは印象が良い。要素も複雑だが、一体感のある上に味の輪郭もつかみやすく、やはり出来栄えが良い。ランシオ等の熟成感も古さを強調し過ぎず、若さを感じない静かな出来栄えは、かなりよく考えて原酒をブレンドしていることが容易に想像できる。フィニッシュの残り方も完璧で、ほどよく、気品さを優雅に散らしていくような余韻はまさに最高峰だろう。白桃のようなものも見つけられるものだろうか? 

なかなか、こういうクオリティに仕上がっているコニャックというのは、1万円前後ではかなり少ないかもしれない。ブレンダーが非常に丁寧に、今のご時世では驚くほど豊富な原酒を、ジャンルの垣根を越えて銘酒を飲んできた経験に基づきブレンドし、作っていることが、わかる。美味いものとは何で、何が大事のなのか。何を大事にするべきなのか。なかなか、そういった人間の意志というのは、酒を売る商売の中では、1流のレベルで維持することは非常に困難で、まず不可能に近いだろう。一瞬、花火のように明るくなったかと思えば、パッと立ち消えてしまうようなものなのだ。

たまにこういったクオリティのものがあるから、やはり面白い。それが意外にも当たり障りのない味であろうと考えていたものだから、尚更だ。これは家に置いといて損はしないと思う。XOとついたコニャックは大体飲んだが、おおよそコニャックの域での評価に留まるものばかりだったが、これは他の蒸留酒と比べても高品質と言える。よく出来ている。コニャックのエレガンスを体現している。



by dondiego4 | 2020-07-23 23:37 | ご機嫌な時に書かれるウイスキーレビュー